当サイトは風俗に関する情報を含んでいます。18歳未満の方は閲覧できませんのでこちらから【退出】してください。

管理人の自己紹介

  • 管理人:清太郎(別名:セーター)
  • 年齢:30代半ば
  • 趣味:風俗遊び(デリヘルが主)、ジム通い
  • デリヘル暦:10年以上
  • 性格:恋には奥手、ネットでは吠える、デリヘル嬢が大好き、ちょっと面食い

このデリヘルサイトを開いたということは、少なからずデリヘルや風俗に興味があるということだと思う。風俗の中にも色々な種類があるが、俺はその中で最もデリヘルが好きで、デリヘル暦は10年以上になる。

これが長いと思うか短いと思うかは人それぞれだが、そこそこ濃厚な体験はしてきたつもりだ。デリヘルで受けられるサービスの面白さや魅力、そして失敗しないためのマナーをしっかり学んで、みんなにはデリヘル嬢に好かれる格好良い男になってほしい。

デリヘルのサービス&マナーを学んだ結果・・・

21歳 意外と性のデビューは遅く、この年で詳しく風俗というものを知る。風俗街に行く自信がなく一人暮らしの自宅にデリヘルを呼ぶ。初めての相手は2歳年下の女子大生デリヘル嬢で、お互いに緊張したが無難に終える。
22歳 初めてのデリヘル嬢を3回くらい指名し続けていたが、だんだん他のデリヘル嬢にも興味が出てくる。たまたまフリーで店のナンバーワン嬢に当たり、レベルの高いサービスとテクニックにいろんな意味で昇天。
25歳 就職してしばらくデリヘルは休止。後輩が入ってきた頃やっと余裕ができ、久々に元の店を使うがお気に入り嬢が全滅(退店)。これをきっかけに店を転々と変えても楽しいことに気付く。
27歳 中途半端に金を持ち始め、高級デリヘルや韓国デリヘルに手を出し始める。毎月給料日前は米と味噌汁でしのぐ。風邪か何かがきっかけで生活を考え直し、安くて可愛くてサービスが良い、みたいな夢のような店とデリヘル嬢を見つけるべくネットで研究し始める。
28歳 60分12,000円の激安店でモデル並みのルックスを持つデリヘル嬢(19歳)を発見する。本気で恋をしそうになったが、俺ももういい年だからと諦めて良い客に徹する。結果このデリヘル嬢に告白されてしまったが、その時はすでにこっちの想いはなかったので断る。気まずくなり店を使わなくなる。
29歳 新たな店に乗り換え、恋とか愛とか言いそうにない同年代のデリヘル嬢を指名してみる。話してみると人妻で、不倫みたいなイケない関係に燃える。40代の熟女デリヘルにも挑戦してみたが、今まで感じたことのない色気とサービスにムスコは大興奮。
30歳 年上の魅力に気付いたのも束の間、フリーで「おぅ…」というレベルの熟女が現れ、ほとんどのプレイが受け付けずフェラのみ頑張ってもらうことに。青二才(?)に本物の熟女は早かった。調子に乗りましたごめんなさい。
31歳~現在 結局普通のデリヘルに落ち着く。今のハマりは23歳のOL。オプションに電マをつけるのが日課となる。・・・といいつつもたまに40代までの熟女を呼んだり、雀の涙のようなボーナスが出れば高級デリヘルを呼んだりする。今までの色々な経験がサービスやマナーを身につける糧になる。

デリヘルを自宅に呼びたい

「デリヘルを呼びたい!ホテル代がない!」とか「ホテル代をプレイ料金に!」という叫び、あると思います。ピンキリとはいってもまあまあ結構しますからね。デリヘル。

ラブホ街に行くのも意外と勇気がいるもの。今ではそう思わないが「一人でラブホに入る瞬間を万が一知り合いに見られたら」とか「怖い人がたむろしてそう」など、心配性だとそんなよからぬ妄想が頭を支配する事もあるだろう。

そんな時に選択肢にあがるのがデリヘルを自宅に呼ぶ事である。これはこれで少し勇気がいるのだが、ないものはないし、ヤりたいものはヤりたい。そんな人の為に、自宅にデリへルを呼ぶ時のマナーを書いてみる事にした。

因みに個人情報の悪用について恐れている人もいるかもしれないが、心配する必要はない。なぜなら、デリヘル店の方に悪用するメリットがないし、仮に悪用されたとしても警察に連絡すれば簡単に摘発されるので安心して欲しい。(これはデリヘル店を開業したら警察に届けを出さないといけない為、常に監視下にあると言えるからだ。)

但し、貴重品管理はしっかりしておこう。仮に地雷嬢がきてしまっても、補填などはなにもない。 遊び方とマナーはここから⇒

パネマジとは

デリヘルと言えばネット指名が常識である。
そしてその中で多くの男が泣かされてきたのがパネルマジック・・・通称パネマジである。
どんな風俗店でも女性は大体写真から選ぶものだが、その写真は大体実物より良く見せる加工・修正がしてあるものである。それがちょっとした傷(撮影の日に寝不足・怪我をした、やパンストの跡がついてしまった)ならこちらも理解できる。
だが、「ウエストが一回り違う・・・」「目の大きさが倍ぐらい違う・・・」「なにその肌荒れ・・・」など、到底許しがたい修正もかなり多く存在する。そうなるとデブやブスが来なければ当たりといったレベルである。
せっかく目いっぱい楽しもうと思っているのに、出鼻をくじかれて忸怩たる思いをしてる男性は星の数ほどいるはずである。

その中で基本的なパネマジの見抜き方を考え出してみた。
遊び方とマナーはここから⇒

オナホプレイとは

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1独身男性の強い味方オナホール。
右手で扱くのも味気ない時の夜のお供が、デリヘルのオプションとしても存在している。

知らない方は少ないだろうが、一応オナホの説明をしておく。
オナホは女性器の外観や触り心地を再現したもので、挿入してオナニーに利用する。挿入した時も女性器に挿入した時の快感を再現するように作られている。色々と工夫が施されているものも多く、中には女性器より気持ちがいいものもある。安くて1000円以下で発売されている物もあるので、使った事ない人は是非使ってみるといいだろう。

勿論デリヘルでのオプションではオナホを使っているさまを見られるプレイをされるわけではない(それが好きな方もいるだろう)。嬢が手コキの時にオナホールを使用して扱いてくれたり、スマタの時にオナホを併用することによって疑似性行為のようなことを行ってくれる。
遊び方とマナーはここから⇒

恋人プレイとは

koibitop細かい性格などを除いて、デリヘル嬢の仕事ぶりは数タイプに分かれる。1つは仕事と割り切って働く守銭奴タイプ、1つは客に流されやすいウブタイプ、そして最後は本気でプレイを楽しむ甘々恋人タイプだ。

もちろんきっちり3パターンに分かれているわけではなくどれに一番近いか、や、お金目的で働いているけど性にゆるく流されやすい・・・など複数のタイプを持っているデリヘル嬢もいる。

恋人プレイは基本プレイというよりも、デリヘルで働く女子が絶対に持っていなければならない「資質」というべきだろうか。仕事とはいえヌケればいいと思っていては客は満足しない。ときに癒しの存在、ときに愛でられるマスコット、時に恋人でなければならない。

要するにデリヘルだけでなくどの風俗嬢でもできる(べき)基本プレイがこの恋人プレイというわけだ。

わざわざデリヘルの基本プレイに「恋人プレイ」なんて書いてある店は少ないが、どのデリヘルでも基本的には体験できるものだと思っていていいだろう。 遊び方とマナーはここから⇒

M性感デリヘルとは

mseikanM性感という名を聞いて「SMデリヘルとは何が違うのか」と疑問に思う男もいるんじゃないかと思う。

簡単な話、SMデリヘルは自分がS側になってM女を責めるか、それともM側になってS嬢に責めてもらうかどちらかが選べる風俗だが、M性感は後者の「M側になってS嬢に責めてもらう」プレイの専門店だ。

つまり、女の子に積極的に責めてもらいたい男子のためのデリへルジャンルと言える。

といっても、M性感はSMデリヘルとは少し違い、良い意味で本格的ではない。女の子に責めてもらうという基本は変わらないのだが、SMプレイのように女王様に調教されるというよりは、責め好きの女の子に色々されちゃう・・・というソフトなニュアンスのほうがピッタリだ。

だから、特にSMに興味がない、M男でもないというフツーの男子でも多少は持っている「たまには女の子からも責めてもらいたいな」という欲求が満たせるのがM性感デリヘルだと思ってもらったら間違いないだろう。 遊び方とマナーはここから⇒