当サイトは風俗に関する情報を含んでいます。18歳未満の方は閲覧できませんのでこちらから【退出】してください。

管理人の自己紹介

  • 管理人:清太郎(別名:セーター)
  • 年齢:30代半ば
  • 趣味:風俗遊び(デリヘルが主)、ジム通い
  • デリヘル暦:10年以上
  • 性格:恋には奥手、ネットでは吠える、デリヘル嬢が大好き、ちょっと面食い

このデリヘルサイトを開いたということは、少なからずデリヘルや風俗に興味があるということだと思う。風俗の中にも色々な種類があるが、俺はその中で最もデリヘルが好きで、デリヘル暦は10年以上になる。

これが長いと思うか短いと思うかは人それぞれだが、そこそこ濃厚な体験はしてきたつもりだ。デリヘルで受けられるサービスの面白さや魅力、そして失敗しないためのマナーをしっかり学んで、みんなにはデリヘル嬢に好かれる格好良い男になってほしい。

デリヘルのサービス&マナーを学んだ結果・・・

21歳 意外と性のデビューは遅く、この年で詳しく風俗というものを知る。風俗街に行く自信がなく一人暮らしの自宅にデリヘルを呼ぶ。初めての相手は2歳年下の女子大生デリヘル嬢で、お互いに緊張したが無難に終える。
22歳 初めてのデリヘル嬢を3回くらい指名し続けていたが、だんだん他のデリヘル嬢にも興味が出てくる。たまたまフリーで店のナンバーワン嬢に当たり、レベルの高いサービスとテクニックにいろんな意味で昇天。
25歳 就職してしばらくデリヘルは休止。後輩が入ってきた頃やっと余裕ができ、久々に元の店を使うがお気に入り嬢が全滅(退店)。これをきっかけに店を転々と変えても楽しいことに気付く。
27歳 中途半端に金を持ち始め、高級デリヘルや韓国デリヘルに手を出し始める。毎月給料日前は米と味噌汁でしのぐ。風邪か何かがきっかけで生活を考え直し、安くて可愛くてサービスが良い、みたいな夢のような店とデリヘル嬢を見つけるべくネットで研究し始める。
28歳 60分12,000円の激安店でモデル並みのルックスを持つデリヘル嬢(19歳)を発見する。本気で恋をしそうになったが、俺ももういい年だからと諦めて良い客に徹する。結果このデリヘル嬢に告白されてしまったが、その時はすでにこっちの想いはなかったので断る。気まずくなり店を使わなくなる。
29歳 新たな店に乗り換え、恋とか愛とか言いそうにない同年代のデリヘル嬢を指名してみる。話してみると人妻で、不倫みたいなイケない関係に燃える。40代の熟女デリヘルにも挑戦してみたが、今まで感じたことのない色気とサービスにムスコは大興奮。
30歳 年上の魅力に気付いたのも束の間、フリーで「おぅ…」というレベルの熟女が現れ、ほとんどのプレイが受け付けずフェラのみ頑張ってもらうことに。青二才(?)に本物の熟女は早かった。調子に乗りましたごめんなさい。
31歳~現在 結局普通のデリヘルに落ち着く。今のハマりは23歳のOL。オプションに電マをつけるのが日課となる。・・・といいつつもたまに40代までの熟女を呼んだり、雀の涙のようなボーナスが出れば高級デリヘルを呼んだりする。今までの色々な経験がサービスやマナーを身につける糧になる。

風俗業界はサバ読みが当たり前

若い子とあたりたい時重要視するのは勿論プロフィール!
年齢や新人かどうか、未経験かどうか、清純かどうかなどプロフィールやスタッフコメントを熟読しつつ決められたら苦労してない。

好みの年齢の子を呼んだつもりが「肌のはりがちがくない・・・?」とか「すごく・・・なれてる雰囲気です・・・」みたいな事とか多々ある。

スペック重視で呼んだわけでプレイ重視ではないから、なんとなく満足できずに射精欲だけ解消されて満足感はなく「オナニーとあんまり変わらなかったね・・・」とちょっと虚しい気持ちに襲われる。(時々サービスあたり嬢な時もあるから、それはそれで乙なのだが(笑))

性欲にかられた男のイキ急ぐ気持ちとはそれほど切ないものである。

なので素面のうちに基本を頭に入れておこう。
遊び方とマナーはここから⇒

ロリ系デリヘルとは

ロリ系デリヘルとは、小柄な女の子と楽しむデリヘルである。年齢や体型などは関係なく、小さいデリヘル嬢とプレイするのは、なんというか・・・ロリ系の趣味があるわけではないが、いけないことをしている背徳感があって、興奮度高めなのである(笑)

ロリ嬢の良さはなんといっても、小柄な体で頑張ってくれているという健気さである。
新人ではなくてもなぜか初々しい感じがするのだ。

こちらが責めてる時は「こんな可愛い子がすごく感じている・・・」という事と、自分とロリ嬢の体型のギャップにかなり萌える事ができる。
逆に責めてもらっている時は、「小さいのに一生懸命頑張って気持ち良くさせようとしてくれている」というキュンとくる感じがかなりの醍醐味だ。

守ってあげたい感じとことんいじめたい感というアンビバレンスな感情が巻き起こってくるのがロリ嬢の魅力である。 遊び方とマナーはここから⇒

熟女デリヘルとは


熟女デリヘル。ここでは20代後半~30代の人妻ではなく、40代以上の女性が在籍している本物の熟女デリヘルについて解説する。

熟女デリヘルは通常風俗好きの中でも、かなり限られた人物が好むジャンルである。

もしくは普通の若い子と遊ぶデリヘルにマンネリ化してしまい、自分の限界を知りたい挑戦者・未踏の地に踏み込みたい冒険者・快感の幅を広げたい開拓者・・・そんなデリヘルマイスター達が、いきつく先の一つが熟女デリヘルだ。

熟女デリヘルの良さはなんと言ってもそのテクニック落ち着き肉感である。
若いデリヘル嬢が肌の張りと勢いと可愛さで勝負してくる。そして、大体の男性はそのはじける若さの中のエロスに興奮するものである。

対し、それらが全てが過去のものになった熟女の方々は、そうはいかない。
だが、そのちょっとタレ気味の柔らかい肉質や安心して甘えられるビックマザー感、そして若い子にありがちな羞恥を脱ぎ捨てた老熟したテクニックがポイントである(とはいえ、時々垣間見える羞恥もなかなか良い)。

また、熟女とはいってもやはり男に自分をさらす仕事なせいか、そこらへんの熟女にありがちな「う、うん・・・」となる感じはあんまりなくて、年相応の感はあるものの小奇麗で愛想がよく女性らしい魅力がたっぷり溢れていたりなど、意外とすんなり受け入れる事が出来る。 遊び方とマナーはここから⇒

デリヘルを自宅に呼びたい

「デリヘルを呼びたい!ホテル代がない!」とか「ホテル代をプレイ料金に!」という叫び、あると思います。ピンキリとはいってもまあまあ結構しますからね。デリヘル。

ラブホ街に行くのも意外と勇気がいるもの。今ではそう思わないが「一人でラブホに入る瞬間を万が一知り合いに見られたら」とか「怖い人がたむろしてそう」など、心配性だとそんなよからぬ妄想が頭を支配する事もあるだろう。

そんな時に選択肢にあがるのがデリヘルを自宅に呼ぶ事である。これはこれで少し勇気がいるのだが、ないものはないし、ヤりたいものはヤりたい。そんな人の為に、自宅にデリへルを呼ぶ時のマナーを書いてみる事にした。

因みに個人情報の悪用について恐れている人もいるかもしれないが、心配する必要はない。なぜなら、デリヘル店の方に悪用するメリットがないし、仮に悪用されたとしても警察に連絡すれば簡単に摘発されるので安心して欲しい。(これはデリヘル店を開業したら警察に届けを出さないといけない為、常に監視下にあると言えるからだ。)

但し、貴重品管理はしっかりしておこう。仮に地雷嬢がきてしまっても、補填などはなにもない。 遊び方とマナーはここから⇒

パネマジとは

デリヘルと言えばネット指名が常識である。
そしてその中で多くの男が泣かされてきたのがパネルマジック・・・通称パネマジである。
どんな風俗店でも女性は大体写真から選ぶものだが、その写真は大体実物より良く見せる加工・修正がしてあるものである。それがちょっとした傷(撮影の日に寝不足・怪我をした、やパンストの跡がついてしまった)ならこちらも理解できる。
だが、「ウエストが一回り違う・・・」「目の大きさが倍ぐらい違う・・・」「なにその肌荒れ・・・」など、到底許しがたい修正もかなり多く存在する。そうなるとデブやブスが来なければ当たりといったレベルである。
せっかく目いっぱい楽しもうと思っているのに、出鼻をくじかれて忸怩たる思いをしてる男性は星の数ほどいるはずである。

その中で基本的なパネマジの見抜き方を考え出してみた。
遊び方とマナーはここから⇒